薄毛ナビ >  薄毛 >  ヘアサイクル(伸びて、抜けて、また生える)

ヘアサイクル(伸びて、抜けて、また生える)

日本人の髪の毛は頭部全体で約10万本あり、毛母細胞の分裂によって、
休止期までの一定期間、成長して伸び続けます(成長期)。

髪の毛の成長期の長さは2-8年といわれますが、ふだん患者さんには、
「健康な人の髪の寿命は5-7年」と説明しています。

毛根部分での毛母細胞の分裂は、一定期間の後に停止し、退行期(約2週間)を
経て休止期(約3ヵ月)に入り、やがて抜け落ちます。

そして、また成長期が始まり、新しい髪の毛が生えてきます。
私たち人間の髪の毛は、このように、成長期、退行期、休止期を経て、髪の毛が伸び、
抜け落ちて、また新しい毛が生えてくるということを繰り返しています。
これをヘアサイクル(毛周期)と呼んでいます。

通常、頭部の髪の毛の約1割が、休止期の状態に入っているといわれます。
全体で10万本のうちの1割ですから、1万本が3ヵ月の休止期のなかで抜け落ちて
いくことになります。

もちろん毎日同じ本数が抜けるわけではありませんが、平均すると1日に100本
程度の髪の毛が抜けていることになります。

また、毛の太さは、思春期から20歳前後まで太くなり、それ以降は30歳、40歳、
50歳と年をとるにつれて細くなり、伸びる速度も遅くなります


抜け毛や薄毛は、気になり出すと本当に悩ましい問題です。
そんな悩ましい問題に立ち向かう「プレミアムブラックシャンプー」という、
ちょっと変わったシャンプーが登場しました。

コンセプトは、頭皮を目覚めさせる新発想シャンプー!!

これがもう見た目からして強烈なインパクトのシャンプーなのですが、
調べてみるとその見た目とは裏腹に、髪や頭皮に良さそうなこだわりの製品でした。

その、強烈なインパクトのシャンプーが、爆発的に売れている!!

薄毛・抜け毛に悩む人の最終手段!


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hopegrow.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/366

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

薄毛

薄毛について原因、治療、育毛剤等に関して詳しく紹介しています。

関連エントリー

薄毛、抜け毛が気になるときは、早めに医師に相談を ヘアサイクル(伸びて、抜けて、また生える) 薄毛、脱毛を食い止め、発毛を促進する 薄毛に育毛剤による発毛促進も大切 薄毛、脱毛 「心のケア」にも大切な役割が 薄毛や脱毛 「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」 薄毛、抜け毛の治療 「ディフェンス」の対策が重要 薄毛、脱毛 おもな原因物質 男性型脱毛症による「硬毛の軟毛化」 薄毛の原因 ストレス、睡眠不足、食事の片寄り 薄毛、脱毛にはさまざまな原因が